5月 31, 2024 • インドネシア • by Reina Ohno

なぜインドネシアのオフショア開発がいま熱いのか – インドネシア ITオフショア開発徹底解説 完全版

なぜインドネシアのオフショア開発がいま熱いのか – インドネシア ITオフショア開発徹底解説 完全版

目次

日本でもITエンジニア人材の確保が年々難しくなってきてオフショア開発の需要が高まっている中、これまでオフショア開発を牽引してきたベトナムの人件費高騰、ミャンマーの政情不安などから成長著しいインドネシアでのITオフショア開発の注目度が高まっています。まだ馴染みのないインドネシアでのシステム開発をIT企業の立場からメリット、デメリットを徹底解説します。頑張って書き過ぎてかなり長くなってしまったので、必要な部分のみ読み飛ばしてご覧ください。

 

インドネシアの基本情報

インドネシアは東南アジアに位置する国で、多様な自然環境と豊富な資源を有しています。17,000以上の島々から成り、多文化・多民族社会が特徴です。政治的な安定と経済成長により、外国からの投資が増加し、特にインフラ開発や製造業、デジタル経済が急速に発展しています。

インドネシアの人口は約2億7,400万人(2023年時点の推定)で、世界第4位の人口規模を誇ります。公用語はインドネシア語であり、英語もビジネスや観光の場で広く使用されています。

経済面では、天然資源(石油、ガス、鉱物)を中心とした輸出が主要産業である一方で、製造業、農業、サービス業、特にデジタル経済の成長が著しいです。政府は経済成長を加速させるために、インフラの改善と教育の強化に力を入れており、特に若者を中心としたICT教育の充実が進んでいます。

このような背景のもと、インドネシアは多くの企業にとって有望な市場であり、特にコスト効率が良く、技術力の高い人材を求めるオフショア開発の目的地として注目されています。

 

インドネシアの基本情報

 

地理と自然

インドネシアは赤道直下に位置し、熱帯雨林や火山、豊富な海洋資源に恵まれた国です。ボルネオ島、スマトラ島、ジャワ島、スラウェシ島、ニューギニア島などの主要な島々があり、自然環境は非常に多様です。これにより、観光業も盛んであり、特にバリ島やラブアンバジョ、ジョグジャカルタなど多くの場所が観光客から人気を集めています。

 

人口と社会

インドネシアの人口は約2億7,400万人(2023年時点の推定)で、世界第4位の人口規模を誇ります。人口の多くは若年層であり、労働力の供給源として非常に重要です。都市部への移住が進み、都市人口が増加しています。インドネシアでは毎年400万人、約シンガポール丸々一つ分の人が生まれている計算になります。公用語はインドネシア語であり、各ローカル言語も無数にありますが、教育やビジネスの場では英語も広く使用されています。

 

経済

インドネシアの経済は多様で、天然資源、製造業、農業、サービス業が主要な産業です。特に石油、ガス、鉱物などの天然資源が豊富で、これらの輸出が経済の柱となっています。近年では電気自動車産業に欠かせないニッケルの埋蔵量多い国として注目を集めています。また、製造業も成長しており、自動車、電子機器、衣料品などの生産が盛んです。農業も依然として重要で、米、コーヒー、パーム油などの主要生産国です。

 

デジタル経済とIT産業

近年、インドネシアはデジタル経済とIT産業の急成長を遂げています。政府は「Making Indonesia 4.0」プログラムを推進し、製造業のデジタル化を進めています。また、ジャカルタやバンドンなどの都市はスタートアップ企業の拠点となっており、eコマース、フィンテック、エドテックなどの分野での革新が見られます。教育分野でもITスキルの習得が重視されており、若者を中心にICT教育が強化されています。

 

インフラと開発

ジョコウィ大統領は就任以来、インドネシアのインフラ拡充にかなりの力を入れてきました。政府は経済成長を支えるために、インフラの改善に力を入れています。道路、鉄道、港湾、空港などの整備が進められており、特にジャワ島を中心とした主要都市間の交通網の拡充が図られています。また、エネルギー分野でも再生可能エネルギーの導入が進められており、太陽光発電や地熱発電のプロジェクトが推進されています。直近ではジャカルタからカリマンタン島への首都移転が大きな話題となっています。

 

教育と労働力

教育制度も強化されており、特に高等教育と職業訓練の充実が図られています。政府は高等教育機関の拡充と質の向上に努めており、多くの若者が大学や専門学校に進学しています。これにより、技術力の高い労働力が育成され、製造業やIT産業の発展に寄与しています。

 

安価な最低賃金

インドネシアでは各地域ごとに最低賃金が設定されており、その最低賃金をベースに物価や上級職の人の給料も設定されています。地域によって差がありますが、おおよそ月3万円から5万円が最低賃金として設定されています。

 

国際関係

インドネシアはASEAN(東南アジア諸国連合)の創設メンバーであり、地域の平和と安定に大きく貢献しています。また、G20のメンバーでもあり、国際的な経済協力においても重要な役割を果たしています。近年では、外国からの直接投資が増加しており、多くの多国籍企業がインドネシアに進出しています。

 

インドネシア基本情報

 項目

 詳細情報

 位置

 東南アジアに位置し、17,000以上の島々から成る多島国家

 地理

 赤道直下に位置し、熱帯雨林、火山、豊富な海洋資源を有する

 主要な島

 ジャワ島、バリ島、ボルネオ島、スマトラ島、スラウェシ島、ニューギニア島

 人口

 約27,400万人(2023年時点の推定)

 言語

 公用語はインドネシア語、ビジネスや観光の場では英語も広く使用

 民族

 約300の民族グループと700以上の言語が存在

 主要産業

 天然資源(石油、ガス、鉱物)、製造業、農業、サービス業、デジタル経済

 国際関係

 ASEANの創設メンバー、G20のメンバー、外国からの直接投資の増加

 GDP

 約1.2兆ドル(2023年推定)

 1人あたりGDP

 約4,500ドル(2023年推定)

 失業率

 約5.8%2023年推定)

 インフレ率

 約3.3%2023年推定)

 主要輸出品

 石油・ガス、鉱物、電子機器、衣料品、農産物(パーム油、コーヒーなど)

 主要貿易相手国

 中国、日本、アメリカ、シンガポール、インド

 

 

各国オフショア開発費用比較

オフショア開発はこれまで、人件費の安い海外のエンジニアリソースを使うため開発コストが下げられるメリットで注目されてきました。しかし近年は、急激な円安と新興国の経済発展に伴い、エンジニア単価が徐々に値上がり傾向にあります。その中でもインドネシアはミャンマーと並んで大きなコストメリットが出せる国と言えるでしょう。また近年ではオフショア開発は人件費削減という側面だけでなく、優秀な人材の確保という点でも期待をされています。その点でも世界人口4位のインドネシアは世界各国から特に大きな期待をされている状況と言えるでしょう。

 出典:「オフショア開発白書(2023年版)

 

インドネシアのエンジニア給与の比較

  • インドネシア: 平均人月単価は25万円。インドネシアは他のアジア諸国と比べて、非常にコストパフォーマンスの高いオフショア開発の目的地となっています。またエンジニア人口の数も急増しており、これは日本企業がコスト削減を図るだけでなく人材不足を補うための重要な要素となることがわかります。

 

他のアジア諸国との比較

  • インド: 平均人月単価は51万円。インドは長年にわたり、欧米企業などのオフショア開発の主要な目的地として知られていますが、近年では人件費が上昇しています。
  • バングラデシュ: 平均人月単価は44万円。バングラデシュも競争力のあるコストでオフショア開発サービスを提供していますが、インドネシアほどのコスト効率はありません。
  • ミャンマー: 平均人月単価は27万円。非常にコストパフォーマンスの良い選択肢ですが近年政情不安が大きな問題となっております。
  • フィリピン: 平均人月単価は36万円。フィリピンは英語が広く通じることから人気ですが、インドネシアよりも若干高めのコストとなっております。
  • ベトナム: 平均人月単価は40万円。ベトナムは近年の日本企業のオフショア開発の拠点として圧倒的人気ですが、コストは年々高まってきております。
  • 中国: 平均人月単価は51万円。中国は技術力が高いものの、コストはかなり上がってきております。

 

インドネシアの平均エンジニア人月単価は25万円と、他の多くのアジア諸国に比べて非常に低い水準にあります。このため、インドネシアはコストパフォーマンスに優れたオフショア開発の拠点として非常に魅力的となっています。特に日本企業がコストを削減しながらも高品質なソフトウェア開発を求める場合、インドネシアは選択肢の一つとして注目を集めてきております。

 

インドネシアのITエンジニアの給与についてもう少し詳しく解説させてください。インドネシアでは都市部と地方で下記のように給与に大きな違いがあります。

都市部の給与

ジャカルタなどの主要都市では、ITエンジニアの給与は他の地域よりも高い傾向があります。具体的な給与範囲は以下の通りです。

平均年収は約6万円(6,000,000 IDR)から約12万円(12,000,000 IDR)ほどとなっており、実力がついてくると20万円、30万円でメガベンチャーや外資に引き抜かれる人材も増えてきております。優秀なエンジニアは引くて数多で需要が高いため、優秀な人ほど転職を繰り返して給料を上げていくことが当たり前になっているかもしれません。

 

地方の給与

地方では、ITエンジニアの給与は都市部と比較して低い傾向にあります。これは生活費が低いことも影響していますが、地方でのITエンジニアの給与は都市部と比較して約30%ほど低くなることが多いです。例えば、都市部で15,000,000 IDR(約1,050 USD)の場合、地方では10,500,000 IDR(約730 USD)程度になることがあります。

インドネシアでのITエンジニアの給与は都市部と地方で大きく異なります。都市部では高い生活費や競合との人材獲得競争に対応するために給与も高く設定されており、競争力のある賃金が提供されています。一方、地方では生活費が低いため、給与もそれに応じて低めに設定されています。そのため近年ではジャカルタなどの人件費が高いエリアを避け、バンドゥン、ジョグジャカルタ、バリ島などがオフショア開発の拠点として人気となっています。

 

インドネシアオフショア開発のメリット

インドネシアにおけるオフショア開発の特徴は、この国が提供する独特のメリットに起因しています。インドネシアは、経済の急速な成長とともに、IT分野での教育と技術力が向上している新興国です。オフショア開発を検討する際、インドネシアが注目されている理由には、その独自のメリットがあります。特に、エンジニアの単価の安さと日本人との高い親和性が企業にとって大きな魅力となっています。

インドネシアのオフショア開発のメリット

 

エンジニアの単価が安い

インドネシアのオフショア開発の最大のメリットは、何と言ってもエンジニアのコストパフォーマンスの高さです。インドネシアは、アジアの中でも特に人件費が低い国の一つであり、高品質なソフトウェア開発サービスを、他の多くの国々と比較してもかなり低いコストで提供することができます。

近年、ベトナムや中国のオフショア開発の費用が上昇しており、その結果としてこれらの国々がオフショア開発の目的地として好まれなくなる傾向があります。この費用の上昇は、経済成長や生活水準の向上に伴う人件費の増加が一因です。

インドネシアの低コストは、特にスタートアップ企業やコスト削減を重視するプロジェクトにとって大きなメリットとなり、限られた予算内でより多くの開発作業を行うことが可能になります。さらに、低コストであることが大規模人数での開発プロジェクトへのスケールアップや、新たな機能追加や機能改善への素早いアジャイル開発を可能にすることにもつながります。

 

リソースの確保がしやすい

インドネシアは約2.7億人という世界第4位の人口を持つ国であり、その若く活力に満ちた労働力は大きな魅力です。豊富な人口は、ITエンジニアやソフトウェア開発者などのリソースを確保しやすい環境を提供します。特に、政府が推進するIT人材の育成プログラムの一環として、IT教育の強化やスキル開発が進められており、優秀な人材の育成が進んでいます。これにより、企業は必要な技術リソースを効率的に調達でき、プロジェクトの迅速な展開が可能になります。

 

技術力と教育

これまでインドネシアというと中国やベトナムに比べて技術力で劣るというイメージをお持ちの方も多いかと思います。インドネシア政府は「Making Indonesia 4.0」プログラムを推進し、製造業とデジタル技術の統合を目指しています。このプログラムは、インドネシアをアジアの技術ハブとして位置付け、国際競争力を高めることを目的としています。具体的には、産業の自動化、スマートテクノロジーの導入、そしてデジタルインフラの整備を通じて、製造業の効率と生産性を飛躍的に向上させることを目指しています。

インドネシアの現在の教育省のトップはNadiem Makarim(ナディム マカリム)さんでインドネシア最大のユニコーン企業Gojek(ゴジェック)のファウンダーです。インドネシアの教育制度の強化により、IT関連のスキルを持つ若い労働力が増加しています。多くの大学や専門学校がICT教育を強化しており、プログラミング、データサイエンス、サイバーセキュリティなどの分野で高度な技術力を持つ卒業生が多数輩出されています。これにより、インドネシアの労働市場には高い技術力を持つエンジニアが多数存在し、国際的な技術需要に応える能力を備えています。

さらに、政府の奨学金プログラムや産学連携プロジェクトにより、学生は最新の技術動向に触れる機会を得ています。これにより、卒業生は即戦力として企業に貢献することができ、インドネシアの技術力の向上に寄与しています。インドネシアには現在約40万人のソフトウェアエンジニアがいると言われており、人口動態から見ても今後もこの数は増え続けていくでしょう。この豊富な人材プールは、特にスタートアップ企業や中小企業、グローバル企業にとって重要なリソースとなり、今後の革新的なプロジェクトの成功を支えると期待されています。

 

インドネシアの首都移転とスマートシティプロジェクト

インドネシアを技術大国にしていく、その代表的な国家プロジェクトがインドネシアのカリマンタン島ヌサンタラへの首都移転とスマートシティプロジェクトでしょう。

新首都ではテクノロジーをフルに活用し、環境問題や人口過密の解決、経済の多様化といった複数の課題に対処しようとされています。持続可能なインフラと高度なICT技術を活用することで、新首都ヌサンタラは未来志向の都市としてのモデルケースとなることが期待されています。

持続可能なインフラ: 環境に優しい建築物、再生可能エネルギーの利用、廃棄物管理システムなどが導入され、持続可能な都市開発が目指されています。

高度なICTインフラ: 高速インターネット、IoT(モノのインターネット)、スマートグリッドなどの高度なICTインフラが整備され、都市全体の効率的な管理と運営が可能となります。

交通システムの改善: 公共交通機関の整備、自動運転車の導入、スマート交通管理システムなどが計画されており、交通渋滞の緩和と移動の効率化が図られます。

 

インドネシア人の特徴

インドネシア人の従順で温厚、かつ真面目な性格は、オフショア開発において有利に働きます。まず、温厚な性格により、チーム内外でのコミュニケーションが円滑に進むため、プロジェクトの調整や問題解決がスムーズに行えます。納期遵守や高品質な成果物の提供に関しては若干緩いところもありますが、素直な性格の方が多いので教育することによって改善することができるでしょう。また、従順な性格はチームワークを促進し、協力的な態度で作業を進めることを可能にします。温厚で柔軟な対応力を持つため、プロジェクトの変更などの要求に迅速に対応でき、変化に対しても適応しやすいです。これらの特性は、オフショア開発プロジェクトに向いていると言えるでしょう。

10年間働いて感じたインドネシア人と一緒に仕事をする際のポイント: 性格や考え方の違い

 

日本人との親和性が高い

インドネシアは、戦時中から日本との長く複雑な歴史的な関係がありますが、現代では多くの方が日本人との高い親和性を持っています。多くのインドネシア人は日本文化に親しみを感じており、ビジネスの場でも日本企業との協働に対して積極的な姿勢を見せています。日本人や日本の企業、プロダクトに対するリスペクトも非常に高いと言えるでしょう。

文化的親和性: この親和性は、ビジネスの成功において非常に重要な要素です。日本企業がインドネシアのオフショア開発会社と協力する際には、文化的な障壁が少なく、スムーズなコミュニケーションが可能となります。日本のビジネス慣習や品質基準に対する考え方のギャップはありますが、日本の品質基準が高いことへの理解も深く、教育されることに対して素直に受け入れて学んでくれます。結果日本のクライアントからのプロジェクトの厳しい要求に対しても的確に応えることができます。

 

日本との時差は1 〜 2時間

インドネシアでオフショアシステム開発を検討する際のメリットの一つは、日本との時差が少ない点です。具体的には、ジャカルタと日本の時差はわずか2時間、バリ島とは1時間です。この小さな時差は二より同じ労働時間内でのコミュニケーションが可能です。これにより、プロジェクトの進行状況や問題の即時対応が容易になり、効率的なプロジェクト管理が実現します。

緊急の対応や決定が必要な場合でも、時差が少ないため、迅速に対応することができます。特にアジャイル開発などの迅速なプロジェクト管理手法において、この利点は大きいです。また会議や打ち合わせのスケジュール調整が容易であり、双方の労働時間を有効に活用できます。夜遅くや早朝に会議を設定する必要がないため、従業員の負担も軽減されます。

具体的な例:

例えば、東京で午前10時の時点でジャカルタは午前8時、バリ島は午前9時です。このようにほぼ同じ時間帯で業務が進行できるため、ミーティングや進捗確認のためのコミュニケーションが非常にスムーズに行えます。

 

経済的な成長と政治的な安定

インドネシアは近年、安定した経済成長を遂げており、年間平均5%前後のGDP成長率を維持しています。これにより、インフラの整備や産業基盤の強化が進み、IT分野を含む多くの産業での投資が活発化しています​ 。経済の成長に伴い、技術教育や職業訓練も充実しており、優秀なIT人材が豊富に育成されています。

またインドネシアは中国やミャンマーと比べて安定した政治環境を持ち、民主主義が定着しています。安定した政治体制は法規制の明確化と予見可能なビジネス環境を提供し、外国企業にとってリスクの低い投資先となります 。また政府は外国直接投資(FDI)を促進するための政策を積極的に展開しており、最近ではマイクロソフト、グーグル、イーロンマスクのスターリンクなど名だたるグローバル企業がインドネシアへの積極的な投資の姿勢を見せています。


インドネシアのオフショア開発市場のポテンシャル

インドネシアでのオフショア開発は、グローバルな視点で技術者を確保し、企業のデジタルトランスフォーメーションを加速させる有効な戦略です。この国が持つポテンシャルを最大限に活用することで、多くの企業が技術的な課題を解決し、ビジネスを拡大することが期待されています。

企業がインドネシアでオフショア開発を行うことで、コスト効率の高いソリューションを提供し、技術革新を推進することができます。また、現地の技術者と密接に協力することで、迅速かつ柔軟なプロジェクトの遂行が可能となります。

インドネシアのオフショア開発市場は、低コストで高品質な技術力を提供するため、多くの企業にとって魅力的な選択肢となっています。特に、スタートアップ企業や中小企業にとっては、コスト削減と技術力のバランスを最適化するための重要な手段として位置づけられています。

 

 

インドネシアオフショア開発のデメリット

インドネシアのオフショア開発市場は多くのメリットを提供していますが、インドネシアでのシステム開発を円滑に進めるためにはいくつかのデメリットにも注意が必要です。インドネシアでオフショアシステム開発を検討する際には、いくつかの特有の課題を考慮する必要があります。以下に、主な問題点とその影響について解説します。

インドネシアのオフショア開発のデメリット

 

オフショア開発の歴史が浅い

インドネシアにおけるオフショア開発の歴史は中国やベトナムに比べて比較的浅いという事実も、注意すべき点の一つです​。経験豊富な開発会社や高度な技術力を持つエンジニアは、他のオフショア開発拠点と比較すると限られています。また、企業によってはプロジェクト管理やクオリティアシュアランスのプロセスが確立されていない場合もあり得ます。これらの要因は、プロジェクトの品質や納期に影響を与える可能性があるため、開発パートナー選定時には慎重な検討が求められます。

 

渋滞がひどいエリア

インドネシアの大都市、特にジャカルタでは、交通渋滞が深刻な問題となっています。通勤時間が読めないため、オフィスに時間通りに到着することが難しい場合があります。これは、開発チームのスケジュール管理やプロジェクトの進行に影響を及ぼす可能性があります。

 

インターネット接続の不安定さ

一部の地域では、インターネット接続が不安定なことがあります。特に地方部やインフラが未整備の地域では、この問題が顕著です。これにより、自宅勤務のエンジニアのリモートワークやオンラインでのコミュニケーションに支障をきたすことがあり、プロジェクトの遅延やコミュニケーションの断絶を招く可能性があります。

 

宗教的な習慣

インドネシアはイスラム教徒が多数を占める国であり、従業員は一日に複数回のお祈りを行う習慣があります。これにより、勤務時間中に一定の中断が発生することがあります。この文化的背景を理解し、柔軟な勤務時間の設定やスケジュール調整が必要です。

 

ルーズでゆるい性格

インドネシアの一部の労働文化では、時間に対する意識が日本と比べてルーズな場合があります。これにより、プロジェクトのスケジュール管理が難しくなることがあります。納期の厳守やミーティングへの出席が不確実になることで、プロジェクトの進行に遅延が生じる可能性があります。

品質管理の課題として細かいことを気にしない性格は、品質管理にも影響を与えることがあります。細部に対する注意が不足することで、バグやミスが発生しやすくなり、最終的な製品の品質に影響を及ぼす可能性があります。日本企業が求める高い品質基準に対応するためには、厳密なレビューとテストプロセスが必要となります。

コミュニケーションのギャップとしてプロジェクトの進行状況や問題点を詳細に報告することが少ない場合、コミュニケーションのギャップが生じることがあります。これにより、問題の早期発見や迅速な対応が遅れる可能性があります。透明性のあるコミュニケーションが重要です。

 

ジョブホッピングの文化

近年、インドネシアではユニコーンスタートアップの出現により、ジョブホッピング(頻繁に転職する文化)が広まっています。優秀な人材が短期間で他社に移る可能性が高く、これによりプロジェクトの安定性や継続性が脅かされることがあります。人材の定着を促進するためには、魅力的な給与やキャリアパスの提供、社員満足度の向上策が求められます。

 

これらの課題を理解し、適切な対策を講じることで、インドネシアでのオフショアシステム開発を成功させることができます。現地の文化や習慣を尊重しつつ、柔軟かつ効果的なプロジェクト管理を行うことが重要です。

 

インドネシアの人気オフショア開発拠点

1. ジャカルタ

ジャカルタはインドネシアの首都であり、経済の中心地です。日系企業も数多く進出してきており人と情報の量で他の都市を圧倒しています。以下の理由から、オフショア開発の拠点としても人気がありますが人件費が高騰している、渋滞がひどいなどの課題も多くあります。

  • インフラの充実: 高速インターネットやモダンなオフィスビルが多く、ビジネス環境が整っています。
  • 人材の豊富さ: 多くの優秀なIT人材が集まり、様々な技術領域での開発が可能です。
  • ビジネスの機会:オフショア開発とは別に大企業やキープレイヤーが集積しているので多くの機会があるでしょう。
  • アクセスの良さ: 国際空港があり、世界各地からのアクセスが容易です。

 

2. バタム

バタムはシンガポールに近接しており、シンガポール企業からのオフショア開発拠点として人気を集めています。インドネシア政府も戦略的にシンガポールに近いバタムの開発に積極的に動いています。

  • 地理的利点: シンガポールからフェリーで1時間ほどの距離にあり、アクセスが非常に便利です。
  • コスト効率: 生活費や人件費がシンガポールよりも低く、コスト削減が期待できます。
  • 経済特区: バタムは自由貿易区域に指定されており、税制上のメリットがあります。

 

3. バンドゥン

バンドゥンはインドネシアの教育と技術の中心地として知られています。ジャカルタから比較的近く人件費や生活費もまだジャカルタ近郊と比べて低いためオフショア開発の拠点として人気があります。

  • 教育機関の存在: 有名なバンドン工科大学(ITB)があり、優秀なIT人材が多数輩出されています。
  • スタートアップ文化: 多くのスタートアップ企業が存在し、イノベーションが活発です。
  • 快適な気候: ジャカルタに比べて気候が穏やかで、生活環境が良好です。

 

4. ジョグジャカルタ

王宮文化が色濃く残る古の都ジョグジャカルタ通称ジョグジャは文化と教育の都市として知られています。多くの大学があり人件費も安いため多くの企業がオフショア拠点として利用しています。

  • 豊かな文化遺産: 多くの歴史的建造物や文化施設があり、魅力的な生活環境を提供します。
  • 教育機関の集中: ガジャ・マダ大学(UGM)をはじめとする多くの教育機関があり、優秀な人材が集まります。
  • コストの低さ: 生活費や最低賃金が比較的低く、コストパフォーマンスの良い開発が可能です。

 

5. バリ島

バリ島は世界有数の観光地として有名ですが、ノマドワーカーの人気世界一に選ばれるなど美しい島や気候を理由に多くの優秀な人材や多様な人材が集まり開発拠点としても人気が出てきています。

  • 魅力的な生活環境: 美しい自然環境と豊かな文化があり、生活の質が高いです。
  • デジタルノマドの拠点: 多くのデジタルノマドやスタートアップが集まり、国際的なビジネス環境が整っています。
  • ITイベントの開催: 多くの国際的なITイベントやカンファレンスが開催され、ネットワーキングの機会が豊富です。

バリ島ノマドワーカー システム開発

各都市はそれぞれ独自の強みを持っており、インドネシアでのオフショア開発において非常に魅力的な選択肢となっています。企業は自社のニーズに最適な拠点を選ぶことで、効率的かつ効果的な開発を実現できるでしょう。

 

 

インドネシアでのオフショア開発を成功に導くために

インドネシアでオフショアシステム開発を行う際には、いくつかの重要な課題が存在しますが、これらの課題に対処するためには、以下の解決策を講じることが重要です。

インドネシアでのオフショア開発を成功に導くために

 

信頼できるPMまたはブリッジエンジニアの配置

信頼できるプロジェクトマネージャー(PM)またはブリッジエンジニアを配置することは、プロジェクトの成功に不可欠です。理想的には日本だけでなく、インドネシアだけでなく、双方の文化や考え方を理解していて2ヶ国語以上を扱える方が理想でしょう。彼らの役割は、日本の企業とインドネシアの開発チームの間のコミュニケーションを円滑にし、文化的なギャップを埋める役割を果たします。PMやブリッジエンジニアは、プロジェクトの進行状況を管理し、問題が発生した際に迅速に対応することで、プロジェクトのスムーズな進行を支援します。

 

きちんとした会社に発注することの重要性

フリーランスの個人ではなく、信頼できる会社に発注することは、プロジェクトの安定性と品質を確保するために重要です。個人の方に発注してその個人の方が病気や就職などで放棄してしまい頓挫してしまうプロジェクトはよく見受けられます。またしっかりとしていない個人や小さな企業の場合はお金の管理も煩雑な為、発注側がトラブルがトラブルに巻き込まれてしまう場合もあるので注意が必要です。企業の場合はインフラやサポート体制が整っているため、開発リソースの確保や急なトラブルに対する対応が迅速に行えます。また、企業には通常、品質管理やプロジェクト管理のプロセスやガバナンスが確立されているため、安定した結果を期待できます。

 

厳密なプロジェクト管理の重要性

厳密なプロジェクト管理は、プロジェクトの成功に不可欠です。明確なスケジュールとデッドラインを設定し、定期的に細かく進捗報告を義務付けることで、プロジェクトの進行をしっかりと管理します。また、リスク管理や課題管理を徹底し、プロジェクトが予定通りに進むようにします。時間に対する考え方を教育するために、タスクが終わらなかった場合は残業して対応してもらうなど、プロジェクトを通じてメンバーを教育していくという考え方も大切です。

 

品質管理、テスト、チェックリストの重要性

品質管理は、プロジェクトの成果物が高い品質を維持するために重要です。厳密なテストプロセスを実施し、バグや欠陥を早期に発見・修正することが求められます。日本人とインドネシア人ではバグに対する基準、考え方が異なるので、最初は嫌がられるかもしれませんが細かくフィードバックすることが大切です。またチェックリストを活用することで、開発の各フェーズで必要なタスクが漏れなく実行されていることを確認します。

 

ドキュメント管理の重要性

適切なドキュメント管理は、プロジェクトの透明性を高め、後続の開発やメンテナンスを容易にします。開発の各ステージで詳細なドキュメントを作成し、プロジェクト全体の一貫性を保ちます。また、ドキュメントはコミュニケーションのツールとしても機能し、関係者全員が同じ情報を共有することができます。最近ではnotionやChatGPTなどの出現によりドキュメント管理を複数言語で効率的に管理することも容易になってきています。

 

文化理解と教育の重要性

インドネシアの文化やビジネス習慣を理解し、それに適応することは、プロジェクトの成功において重要です。文化的な違いを尊重し、現地のチームとの協力関係を築くために、教育やトレーニングを実施することが推奨されます。インドネシア人は緩いところもありますが、基本的には従順で良い関係を築けていればこちらの無理なお願いも聞いてくれます。現地チームのモチベーションを無視せずに、有効な関係を大切にすることでプロジェクトの生産性も高まります。

 

長期的な視点の重要性

オフショア開発は短期的なコスト削減だけでなく、長期的なパートナーシップを築くことが重要です。信頼関係を構築し、継続的な改善と成長を目指すことで、持続的な成功を収めることができます。短期的な利益だけでなく、長期的な戦略を見据えた投資と計画が求められます。ただ人件費が安い開発のアウトソース先として見るのではなく、一緒にビジネスを成長させていく仲間として接していくことが大切でしょう。

 

 

インドネシア以外の各国のオフショア開発状況

 

ベトナムのオフショア開発状況

ベトナムは、日系企業のオフショア開発拠点として非常に人気があります。その背景には、親日的な国民性、勤勉な労働力、地理的な近さ、そして比較的安価なコストがあります。近年、ベトナム政府はIT人材の育成に力を入れており、リソースの確保がしやすい環境を整えています。また、学校で日本語教育が進んでいることもあり、日本語が話せる人材が豊富です。これにより、高度なシステム開発やAI、ブロックチェーン技術、パッケージソフトウェアの開発にも対応できる企業が増加しています。しかし、経済成長に伴い、人件費が上昇しており、かつてのようなコストメリットは薄れつつあります。また、オフショア開発企業は、ハノイやホーチミンといった大都市から地方都市へも広がっており、コスト面や得意分野での選択肢が増えています。欧米市場への関心が高まる中で、ベトナムのIT開発は今後さらに注目されるでしょう。

 

ミャンマーのオフショア開発状況

ミャンマーでは、2016年に民主化が進展し、国外からの投資が増加しました。その結果、ITインフラの整備が進み、安価な労働力を提供するオフショア開発拠点として人気を集めていました。しかし、2021年のクーデターにより、政治的な不安定さが増し、リスク回避のための発注企業が増えています。それでも、現地のオフショア開発自体は稼働しており、コストメリットを享受できる可能性があります。今後の政治情勢を注視しつつ、ミャンマーは有望なオフショア先としてのポテンシャルを持ち続けています。

 

中国のオフショア開発状況

中国では、新規発注のシェアが年々減少しています。しかし、依然として多くの企業が中国のオフショア開発企業を利用しており、市場規模は依然として大きいです。カントリーリスクや単価の高騰を考慮すると、中長期的な戦略が必要です。中国に拠点を持つ企業は、既存の拠点との連携を考慮しつつ、新規でのオフショア開発を検討しています。

 

フィリピンのオフショア開発状況

フィリピンとインドは、英語が堪能な国としてオフショア開発のシェアを拡大しています。フィリピンは、プロジェクトのコミュニケーション言語に英語を希望する企業にとって非常に魅力的です。日本企業のグローバル化が進む中、英語でのIT開発の需要が高まっており、フィリピンはそのニーズに応える形で成長しています。

各国それぞれにおいて、オフショア開発には固有のメリットとデメリットがあります。企業は、コスト、言語能力、政治的安定性、技術力などの要因を総合的に考慮し、最適なオフショア開発拠点を選定する必要があるでしょう。

 

 

インドネシアオフショア開発のおすすめ企業の選び方

インドネシアでオフショア開発を行う際、信頼できるパートナー企業を選ぶことは非常に重要です。以下のポイントを考慮して選定することで、成功するオフショア開発プロジェクトを実現できます。

インドネシアオフショア開発のおすすめ企業の選び方

 

1. 信頼と実績がある大きな会社を選ぶ

大手企業である必要は必ずしもありませんが多くのプロジェクト実績と信頼性を持っている50人規模以上の会社を選ぶことが望ましいです。特に企業として発注する場合、プロジェクトの安定性と品質だけでなくセキュリティ面などでも信頼できる会社を選ぶ必要があるでしょう。また信頼性の高い企業は、過去の成功事例やクライアントからの良好な評価を持っているので聞いてみるといいでしょう。

 

2. 日本人が担当者としてつく会社を選ぶ

日本語が通じ、日本のビジネス文化を理解している担当者がいる会社を選ぶと、コミュニケーションがスムーズに進みます。これにより、プロジェクトの詳細な要件や進捗報告を日本語で行えるため、ミスや誤解が減少し、効率的なプロジェクト管理が可能になります。理想は2言語以上できて日本とインドネシアの双方を深く理解している担当者のかたがいいでしょう。2カ国の文化的な違いを理解し、適切に対応できる担当者の存在は非常に価値があります。

 

3. 対応できる技術を確認する

企業が提供できる技術やサービスの範囲を確認することは重要です。特に、自社のプロジェクトに必要な技術力を持つ企業を選ぶことで、高品質な成果物を期待できます。技術スタック(プログラミング言語、フレームワーク、ツールなど)や専門分野(例えば、AI、ブロックチェーン、業務系、Web系、モバイルアプリ開発など)を明確に確認することが求められます。

 

4. 会社のオフィスの写真や動画をみる

企業のオフィス環境を確認することで、その企業の信頼性やプロフェッショナリズムを判断できます。オフィスが整備されている企業は、業務環境が良好であり、従業員の生産性も高い傾向があります。Google MapやWebサイトでオフィスの写真や動画を閲覧することで、その企業が信頼に値するか、企業の文化や働き方を理解することができます。

 

5. 現地を視察する

可能であれば、実際に現地を視察して企業の雰囲気や実際の業務環境を確認しましょう。現地訪問は、企業との信頼関係を築くためにも有効です。視察を通じて、企業の文化や働き方を直接感じることができ、その企業で働く人の顔を直接見ることでプロジェクトの進行に対する安心感が得られます。また、現地のインフラや生活環境を理解することで、実際の業務における現実的な課題や利点を把握できます。

 

6. その場所の最低賃金を調べる

インドネシア各地の最低賃金を調べることで、適切な給与水準を理解し、過剰なコストを避けることができます。最低賃金の情報やその国のインフレを把握することは、コスト管理の一環として重要です。また、適切な給与を支払うことで、優秀な人材を確保し、従業員のモチベーションを維持することができます。

 

7. エンジニアの単価を該当企業に確認する

具体的なエンジニアの単価を企業に確認しましょう。プロジェクトの予算管理のために、詳細なコスト見積もりを提供してもらうことが重要です。単価にはスキルレベルや経験年数、残業や緊急時の対応などが影響するため、詳細な説明を求めましょう。適切な単価を把握することで、予算内で高品質な開発を実現することができます。

 

8. 社内の業務フローやチェックリストなどがしっかりしていること

企業の業務フローや品質管理プロセスがしっかりしていることを確認します。これにより、プロジェクトの進行が計画通りに進み、品質の高い成果物が期待できます。標準化されたプロセスやチェックリストの有無を確認することが大切です。例えば、開発プロセスの各ステージでのチェックポイントやレビュー体制が整っているかを確認することで、プロジェクトの品質管理が確実に行われていることを確認できます。

インドネシアでオフショア開発を行う際は、信頼性の高い企業を選ぶことが成功の鍵です。資料上は上手く繕っているが実態は全く品質管理がなされていない小さい会社もたくさん存在するのが現実です。上記のポイントを基に企業を評価し、適切なパートナーを見つけることで、高品質な開発を実現しましょう。コスト削減だけを考えるのではなくプロジェクトのニーズに合った企業を選定し、円滑なコミュニケーションと効率的な業務フローを確保することが重要です。現地視察や詳細な確認を行うことで、適切な選択ができ、成功するオフショア開発プロジェクトを実現できます。

 

 

インドネシアで10年の開発実績があるtimedoor indonesia

最後にしっかり自社の宣伝もさせてください笑

弊社timedoorはインドネシアで10年間これまでインドネシア国内の企業様のWebサイトやスマホアプリだけでなく、日本の企業様のオフショア開発も数多くこなしてきました。弊社では日本人の担当者がお客様とインドネシア人エンジニアの間に入り、言語の心配なくスムーズにプロジェクトが進められるように心がけております。

人月単価20万円〜25万円でお客様の必要に応じてWebやアプリのフロントエンド、バックエンドエンジニアをラボ型開発として御社のプロジェクトチームとしてご利用いただくことが可能です。御社のご要望に応じて柔軟に御社専属チームの体制を構築させていただきます。御社のシステムを開発するための人材の採用、トレーニングからお手伝いさせていただくことも可能となります。

弊社はインドネシアのバリ島でオフショア開発サービスを提供しております。世界有数のリゾート地バリ島はその環境の良さから観光客からだけでなく、プログラマーやノマドワーカーが気持ちよく働けるリゾートワーク地としても大変な人気となっています。

インドネシアで10年の開発実績があるtimedoor indonesia

 

弊社timedoorの強み

インドネシアのバリ島で創業して10年間、この10年間の経験、成功、失敗から多くのことを培ってきており、日本のお客様に質の高いサービスを提供することができております。

弊社の特徴として特に力を入れている点は下記の3点になります。

1. 採用に力を入れています

弊社では5つ以上の現地の理系の高専や大学とMOUを交わし、インターンシップを通じて多くの学生を受け入れ、技術レベルやマインドセットを確認できた方が弊社のフルタイムになるケースが大半です。入社時には最低4年から7年のプログラミング経験があります。

2. 日本人による品質管理と管理体制

社内では品質管理を徹底しており、100以上のチェックリストを通過した上でのサービスローンチとなります。また日本人ブリッジSEやインドネシア人の日本語人材によりお客様のコミュニケーションや言語の問題が最小限に収まるようにサポートさせていただいております。

3. 高い社員定着率

インドネシアのバリ島という特殊な文化、環境の中でビジネスをしており、かつ社内のイベントやアウティング、風通しのいい会社になる努力を徹底的に行なっており、転職文化の発展途上国にあって離職率10%以下で安定した人材の確保ができております。

弊社もまだまだ完璧なオフショア開発会社とは言えませんが、日本人とインドネシア人スタッフが力を合わせてお客様の期待に応えられるよう10年間一生懸命仕事をしてきました。もし我々timedoorとインドネシアでのITオフショア開発に興味を持っていただける方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

お問い合わせはこちら

インドネシア オフショア開発まとめ

 

 

 

 

本記事で使用した単語の解説

オフショア開発

オフショア開発とは、企業が自国以外の国にソフトウェア開発やITサービスを外部委託することを指します。これは主にコスト削減、高度な技術力の利用、迅速な開発サイクルの実現を目的として行われます。例えば、日本企業がインドネシアやインドなどの人件費が比較的低い国に開発業務を委託するケースが一般的です。オフショア開発の利点には、開発コストの削減、24時間体制での開発、現地の高度な技術リソースの活用が含まれます。しかし、時差や文化の違い、コミュニケーションの課題なども考慮する必要があります。

 

ラボ型開発

ラボ型開発とは、特定のプロジェクトや企業のために専用の開発チームを編成し、そのチームが一貫してプロジェクトに取り組む開発モデルです。このモデルでは、クライアント企業が直接管理し、開発チームと緊密に連携することができます。ラボ型開発は、長期的なプロジェクトや持続的なソフトウェアの改良に適しており、クライアントが要件の変更や新しい機能の追加を迅速に行うことができるため、柔軟性が高いとされています。また、企業文化や開発プロセスに深く理解を持つため、品質の高い成果を期待できます。

 

Making Indonesia 4.0

「Making Indonesia 4.0」は、インドネシア政府が推進する国家プログラムで、第四次産業革命を通じて製造業の革新を目指すものです。このプログラムは、スマートテクノロジーの導入、デジタルトランスフォーメーション、持続可能な産業発展を促進するための施策を含んでいます。具体的には、IoT(モノのインターネット)、ビッグデータ、人工知能(AI)などの先端技術を活用し、製造業の生産性と競争力を向上させることを目的としています。インフラの整備、人材の育成、規制の緩和も重要な要素とされ、インドネシアがアジアの技術ハブとして成長することを目指しています。

 

Nadiem Makarim

ナディム・マカリム氏は、インドネシアの政治家であり、教育文化研究技術大臣を務めています。彼はまた、インドネシアの大手ライドシェアリングサービス「Go-Jek」の創設者でもあります。マカリム氏は、スタートアップ企業の経営者としての経験を活かし、教育改革を推進しています。彼の政策は、デジタル教育の推進、教育の質の向上、教師の能力開発に焦点を当てており、インドネシアの教育システム全体を革新することを目指しています。マカリム氏のリーダーシップの下、教育分野でのデジタルトランスフォーメーションや改革が進んでいます。

 

ヌサンタラ(インドネシア新首都)

ヌサンタラは、インドネシアの新しい首都として指定された都市で、現在のジャカルタからボルネオ島に移転する計画が進められています。この移転計画は、ジャカルタの過密化、交通渋滞、地盤沈下などの問題を解決するために立案されました。新首都は持続可能な都市計画に基づき、環境に配慮したインフラ整備が進められています。スマートシティの要素も取り入れられ、最新のデジタル技術を活用した効率的な都市運営が目指されています。ヌサンタラは、経済の多極化を促進し、地域発展の新たな拠点として期待されています。

 

バリ島

バリ島は、インドネシアの観光地として広く知られていますが、近年はIT産業の発展にも力を入れています。美しい自然環境と文化的な魅力に加え、デジタルノマドやスタートアップ企業が集まる場所としても人気があります。バリ島の主要都市、デンパサールには多くのIT企業が拠点を構えており、オフショア開発の拠点としても注目されています。観光とIT産業の融合により、バリ島は経済的にも重要な役割を果たしています。

 

スマートシティ

スマートシティとは、情報通信技術(ICT)を活用して都市機能を高度化し、効率的で持続可能な都市運営を実現する都市のことを指します。スマートシティの要素には、交通管理、エネルギー管理、廃棄物管理、防災、医療サービスの高度化が含まれます。センサーやデータ分析、IoT技術を駆使して、都市全体の資源を最適化し、市民の生活の質を向上させることを目指しています。インドネシアでも、ヌサンタラの新首都計画や「Making Indonesia 4.0」の一環として、スマートシティの構築が進められています。これにより、都市の効率性と住みやすさが大幅に向上することが期待されています。

 

 

FAQ

Q: インドネシアのオフショア開発のメリットは何ですか?
A: インドネシアのオフショア開発のメリットには、エンジニアの単価が安いこと、リソースの確保がしやすいこと、技術力と教育の充実、日本人との親和性が高いことなどがあります。

Q: インドネシアのオフショア開発のデメリットは何ですか?
A: デメリットには、オフショア開発の歴史が浅いこと、渋滞やインターネット接続の不安定さ、宗教的な習慣、ルーズでゆるい性格、ジョブホッピングの文化などがあります。

Q: インドネシアでの生活費はどのくらいかかりますか?
A: インドネシアの生活費は地域によって異なりますが、最低賃金は月3万円から5万円程度です。都市部と地方で給与の違いがあり、都市部では高く、地方では低い傾向があります。

Q: インドネシアでのオフショア開発に適した都市はどこですか?
A: インドネシアでのオフショア開発に適した都市には、ジャカルタ、バタム、バンドゥン、ジョグジャカルタ、バリ島などがあります。それぞれの都市は独自の強みを持っています。

Q: インドネシアのエンジニアの単価はどのくらいですか?
A: インドネシアのエンジニアの平均人月単価は約25万円です。都市部と地方で異なり、都市部では高く、地方では低い傾向があります。

Q: インドネシアのオフショア開発市場のポテンシャルはどのくらいありますか?
A: インドネシアは、低コストで高品質な技術力を提供するため、多くの企業にとって魅力的なオフショア開発市場です。特にスタートアップ企業や中小企業にとっては、コスト削減と技術力のバランスを最適化するための重要な手段となっています。

Q: インドネシアでのオフショア開発を成功させるためにはどうすればいいですか?
A: 信頼できるPMまたはブリッジエンジニアの配置、信頼できる企業への発注、厳密なプロジェクト管理、品質管理とテストの徹底、適切なドキュメント管理、文化理解と教育、長期的な視点が重要です。

Q: インドネシア以外のオフショア開発先と比較してどのような利点がありますか?
A: インドネシアは、他のアジア諸国に比べて低コストで高品質な技術力を提供できる点が利点です。また、日本との時差が少なく、コミュニケーションがスムーズであることも大きなメリットです。

Q: インドネシアのオフショア開発企業を選ぶ際のポイントは何ですか?
A: 信頼と実績がある企業、日本人担当者がいる企業、対応できる技術の確認、オフィスの写真や動画の確認、現地視察、最低賃金の調査、エンジニアの単価確認、業務フローやチェックリストの整備がポイントです。

Q: インドネシアでのオフショア開発において、timedoor indonesiaの強みは何ですか?
A: timedoor indonesiaは、採用に力を入れた優秀な人材、日本人による品質管理と管理体制、高い社員定着率を持つことが強みです。10年間の開発実績があり、日本のお客様に質の高いサービスを提供しています。

Testing